FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふれあい通心 2月号

この『ふれあい通心』は、毎月『ぼてじゃこ倶楽部』で、旧浅井町とびわ町に差込させていただき、また弊社のお客様にお配りしているものを、コピーしたものです。
2008121310320000.jpg         ふれあい通信11号

『ふれあい通心 2月号』
僕の写真


こんにちは!(^O^)/

子供の頃、
ホッチキスの針を指に打ったらどうなるだろうと、どーしても気になり。
ある日学校で思い切って自分の指に、
パチンと、ホッチキスの針を打ち込みました。

(・・?  ヒぇー・・・<(_ _)> 痛いの、痛くないの、
自分でとろうにも、痛くて、痛くて、取れません。
血がポトポト落ちてくるし、
授業が始まりそうだし、オロオロ・・・。
2009012319460000.jpg

すると 隣の女の子が、いとも簡単に、
ひょいと取ってくれたのです。
感謝、感激。 その女の子が僕には天使に見えたのです。
いやあ、馬鹿なことはやめるもんだと、おおいに納得したことのある。

神田材栄の代表を務める、赤尾邦男です。


初詣に行って来ました !

今年は、例年より早く、お多賀さんに初詣に行こうと、
紅白歌合戦が終わる前には家を出ました。

それでも、例年なら、かなり渋滞しているのですが、

もうそろそろ渋滞が始まるかな?
と思いながら走っていましたが、

渋滞に会う前にお多賀さんに着いてしまいました。

ラッキー『ことしはついてるぜ』と思いました。(^○^)  
今年はもう終わるっちゅうの・・と自分でつっこみをいれたりして・・・ 

で・お多賀さんに入ろうと思ったら、すごい行列!
入り口の鳥居の外まで、ずーっと並んでいるのです。(・・?   

ん?何事だ?なにかあったのか?ま・とりあえず並ぼう。 
しかし、待てど暮らせど、行列は動きません????
ふと時計を見ると、まだ11時45分くらいです。  

あっ なるほど、みんな、年が越すのをまっているんだ!  
例年渋滞に巻き込まれて、お多賀さんに着くのは年を越 してからでしたから。  
初めてだったんです。年越し参りが。 

なんでも初めてって新鮮ですね。

いよいよ年が明けると言うときに、
『よん、さん、にー、いっち・・・おめでとう!』とあちらこちらで、
カウントダウンの声があがりました。
もちろん僕も大きな声でカウントダウン (*^。^*)  
いやあ 楽しかったです (^O^)/      
初詣


今回ご紹介するのは!

昨年の9月下旬に棟上をさせて頂いた、M N様の新築住宅が完成しました。
2009010714120001.jpg


お客様と一緒に見て回り、
お客様が『ありがとう、思ったとおりの家ができました』
とおっしゃてくださいました。 

ジ~ン (T_T) この言葉が、うれしいのです、仕事冥利につきます。 
『木造住宅が好きなんです。外も中も木の家という感じの家を』とのご要望でした。 

そこで、内部はもちろん、外部も自然素材を使用しました。
杉の木のサイディングに木の呼吸を妨げない塗装を施し、
2階部分には、日本古来の漆喰を塗りました。
2009011413470000.jpg               2009011413560000.jpg


吾輩は『鉄』である・・ 2回目


え~と前回は・・
そうそう、おいらが、死にかけとった話やな。  

かーちゃんが、お乳をくれんもんやから、死にかけっとったんや。
そこへ、杖を突いた、大きなおっさんが来て
『おい、どーしたんや、』・・  
どーしたも、こーしたも無いわ、見てわからんのか、死にかけとんのや、
と言おーにも、口も開かん。
(ま・言うても、人間のこいつにはわからんわい)   

すると、おっさんが、でっかい、ごっつい手で、
おいらをひょいと、
まるで木の葉を拾うように手のひらの中に入れて 
 『わしは、これからお客さんと打合せや、少し車の中でまっとれ』
と言って、
車のシートに寝かせて、お客さんの家のほうに歩いて行ってしもうた。

おいらはなんか安心して寝てしもうたようや。


目が覚めたら家の中で暖かい毛布に、くるまっておった。
『お医者さんにつれて行かんと』 ん?女の人の声?
(あとでわかったが、この家の奥さんや)
『おう、そうやな』
と、おっさんの声。 
するとおっさんが電話をとって

『先生,遅うにすんません・・・・はあ、・・・ならそうします』

電話を切っておっさんが、奥さんに
『心配いらんらしい、今日は遅いから明日連れていこ』 

『ほやな、何も食べてんやろうから、なんかあげんと
まだ、こんな小さい赤ん坊やから、ミルク上げるわ』 

奥さんが、白いものを少しづつ飲ましてくれた。  

『あーうまい、生き返るわ』
そうこうしてるうちに、また寝てしもうた。 

次の日、おっさんと、奥さんが病院に連れて行ってくれた。

病院の先生がおいらのお尻になにかを刺しよった。
いたあー(>_<) なにしよるねん。(注射言うのやそうや)  
おっさんが、先生に
『先生、この猫どーしたらええ?』  
『赤尾さんが、こうたげるのが、この子に一番ええと思うで』・・・???  
2009011813530000.jpg

次回に続く



スポンサーサイト
プロフィール

鉄郎

Author:鉄郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。