FC2ブログ

ふれあい通心

『ふれあい通心』5月号 

(『ふれあい通心』は、弊社が、お客様にお届けしていものです。そのコピーを掲載しています)

こんにちは!(^O^)/
子供の頃、友達と、秘密基地を作ろうということになり。 

僕の家が材木やで、材料の木が一杯あり、
土場(材木を置いてある場所)が広かったので、
僕の家で、作ることになりました。                        

友達、5~6人で、なれない、のこぎりや、かなづちを使い、
なんとか、かんとか、秘密基地ができました。      


今思えば、木の端切れを寄せ集めただけの、お粗末なものでしたが、
そのときは、みんなで力を、併せて、できたことが嬉しくて、
みんなで、ばんざーいと喜びました。      


でも、秘密基地なのに、大きく『ひみつきち』って書いて・・・ 
おいおい、それじゃあ、ひみつきち、じゃないなだろ、と。(笑い)   


子供の頃を思い出して、あ~楽しかったなあ。しみじみ思う。
神田材栄の代表を務める、赤尾邦男です。

2009060216450000.jpg

出かけてきました!

高月町、井口の近くの、高時川へ行ってきました。   

井口には何軒かお客様がいらっしゃいます。
工事中もその後も何回も通った道です。            
はなをつれていきました。


2009060120210000.jpg

この子は、近所のはなのお友達?の『もも』ちゃんです。
コージー?コーギー?どっちでしたっけ?

すごく、人懐こくて、犬なつこくて、うちのはなとは大違い!!

はなは友達は居ません

でも、ももにはいっぱい友達が居そうです・・・

すこし、うらやましい。

この写真は、夜、うちに来てくれたときの写真なので、
写りは少し悪いけど、本人は、もっときれいだ。!
と申しています・・・・・・・


もう、桜は散ってしまってますが、桜の季節は本当に綺麗ですよ。                  
桜のトンネルという感じです。  もうすぐ、端午の節句で、
この高時川一帯には、たくさんの、鯉のぼりが泳ぎます。     
途中、鯉のぼりを準備されている方々にお会いしました。
準備をしていただき、ありがとうございます。

2009041913070000.jpg

2009041913220000.jpg
2009041914020000.jpg
鯉のぼりの準備をされている、みなさん。


今回ご紹介するのは!

今、一部屋の改造から、大規模改造まで、
4軒の工事をさせていただいております。                     


前々号でご紹介した、築50年の二個一長屋の、
改造をさせていただいている、長浜のA様。


バリアフリー工事をさせていただいている
(解体工事が完了したところです)長浜のS様。


ひとつの部屋を、総檜に改造されている(建具もすべて)、長浜のK様。
2009042315480000.jpg

2009042315470000.jpg

前号で、ご紹介した、大改造の、米原のK様。  
解体工事が終わった後に、
お客様に、現在の状況を確認していただきます。   
以外に、綺麗なところ、腐りが入っているところ。
柱や壁を抜いた場合の強度、また、その補強方法の説明。         


解体が終わった時点の説明で、
今までは図面上だけで創造されていた、お客様が、

実際の完成後をリアルに創造される場面です。     
実際にどうなるかを創造されて、
変更をお考えになったりします。


完成後をリアルに、イメージしていただけるように、
お話をし。お客様のお考えを最大限活かせるよう考えます。


(実を言うと、この時のお客様は、顔が、今まで以上に生き生きとしてこられます。
打合せしている、僕も、本当に嬉しくなる瞬間です)


この仕事をしていて、面白いと思うのは、やっぱ十人十色なんだなということです。    
あるお客様には、ご要望にぴったりなことが、


あるお客様には、全く的外れなことになっている場合もあります。
だからこそ、お一人、お一人にご満足いただけるように、考えることが大切ですし、
楽しいと思います。


我輩は『鉄』である。   第5回

さてさて、やれやれ、やっと定住先が見つかった鉄郎。   

今後、どうなりますやら・・・・・


『この子の名前どうするの?』
『がははは、もう決めてんや、・・・鉄郎!』
『なんで、鉄郎何や?』                                 


『うん?知らん。なんとなく、こいつは鉄郎いう顔しとる』

『鉄郎?けったいな名前やなあ??ま・おいらは名前なんか、どうでもええけど』

『じゃ、鉄郎、おとなしく、この部屋の中にいるんやで』          
と、言い残して、二人は出て行ってしまった。          


一人残された、鉄郎は、
今までの疲れが、どっとでたのか、すぐ、寝入ってしまった。
鼻が鼻水でつまっているので、苦しそうに・・・・・

もし、旦那が、ここにいたら、
『がははは、こいつ鼻ちょうちん作りながら、寝とる。  おもろー』    
と言うに違いない。                       


そして、奥さんに、おこられている。                        
『可哀想やのに、笑わんといたって』     と。                    
ま・旦那に悪気はないんやろけど・・・


ここの旦那は、声がとにかくでかい!そばにいると、うるさいくらいや。
なんでも、旦那は高校のときにスポーツで、首をしこたま、打撲して、
それ以来、耳が不自由らしい。  


話聞いていると、あちこち悪いとこだらけや。         
ほんま、おもろいおっさんや。                      

少したって、鉄郎は、目が覚めた。                      
『あー、腹減った。』                                
部屋から出ようと、きょろきょろ。出られそうなところは・・


ん?でられへん! ちょっとパニクリはいった、鉄郎。  
今まで、つらいことの多かった野良時代、
しかし、好きな時に、好きなとこに行けたのに?????

2009052207230000.jpg
2009051119590000.jpg
次回に続く・・・

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

鉄郎

Author:鉄郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード